創世記を知ると急にわかりやすくなる「第九」の歌詞(前編)



今日は2020年5月20日。世の中はコロナウイルスが猛威を振るい、人たちが集まって演奏することも難しい時を過ごしています。 指揮者として活動する自分も現時点で10月までの公演は全て延期、もしくは中止に追い込まれてしまいました。7月と9月に予定されていた第九公演も残念ながらキャンセルに。 しかし、時間がある今だからできることをしようと思い、今まで研究してきたこと、考えてきたことをまとめてみようと思ったのがこのnoteを始めるきっかけでした。 今日は、「ベートーベンの第九」について触れたいと思います。 僕が第九というものを初めて知ったのは、中学生の頃にたまたまテレビでみた、「N響第九」でした。ちなみに、僕がその後入学することになる「国立音楽大学」を初めて知ったのもこの時でした。 指揮者になり、第九に関わるようになりもう20年近くになると思いますが、初めて楽譜を見たときに思ったことは、実に第九の歌詞の内容が分かりにくい!ということでした。 それから、20年近く少しずつ研究し続けて、未だ調べたり考えるたびに、見解が変わったり、新たな発見をし続けているのですが、一度、現在の段階での自分なりの解釈をまとめてみようと思い、今回、「第九の歌詞」をテーマにしてみました。 タイトル「創世記を知ると急にわかりやすくなる「第九」の歌詞」と書きましたが、これまで、第九の歌詞について旧約聖書の「創世記」について触れている文献に出会えなかったので、このような解釈を表に出すのはちょっと勇気のいる冒険ですが、あくまで、僕なりの考え方ですので、正しいかどうかは分かりませんが、それを踏まえた上で読んでいただければ幸いです。


【創世記を知ると急にわかりやすくなる第九の歌詞】

歌詞や、対訳、逐語訳を読んでも実際にストーリーを理解するのが難解なのが第九の歌詞。 しかし、旧約聖書の創世記を知ると、この歌詞の意味がとてもわかりやすくなります。 なぜ創世記なのか? これを紐解く重要な鍵となるのが、歌詞の中に出てくる「ケルブ (cherub)」です。 ケルブ(※複数形はケルビム)とは、天使9階級のうち上位2番目の「智天使」と呼ばれる天使のことですが、神がエデンの園からアダムとエバを追放し、いのちの木への道を守るためにエデンの園の東におかれたのがケルブです。

旧約聖書「創世記」3章24節 24 こうして神は人を追放し、命の木への道を守るために、ケルビムと、輪を描いて回る炎の剣をエデンの園の東におかれた。 (旧約聖書 新改訳2017(新改訳聖書センター) 新日本聖書刊行会 より引用)

第九の歌詞はドイツの詩人 フリードリヒ・フォン・シラー(Friedrich von Schiller 1759-1805)の「歓喜の歌」(An die Freude)に曲をつけたものですが、詩の中に出てくるキーワードから、旧約聖書「創世記」1章から3章までの世界をベースに詩が書かれていると考えます。 また、ベートーヴェンは、シラーの「歓喜の歌」をそのまま引用するのではなく、断片的に、順序を入れ替えながら、また、ベートーヴェンのオリジナルの歌詞を加えていることから、この第九の歌詞は「「創世記」とシラーの「歓喜の歌」をベースにしたベートーヴェンの創作ストーリー」となっているのだと思うのです。 ちなみに、シラーの書いた「歓喜の歌」はフリーメイソンであるシラーがフリーメイソンの儀式のために書いた詩であり、第九の歌詞は基本的に男性目線になっています。

【歌詞のあらすじ】

旧約聖書「創世記」によると、神はアダムを創造した後、実のなる植物を創造された。 アダムはエデンの園に置かれるが、そこにはあらゆる木があり、その中央には「いのちの木」と「知恵の木」と呼ばれる2本の木があった。

神はアダムに知恵の木の実だけは食べてはならないと命令した。

後にエバが創造される。 蛇がエバに近づき知恵の木の実を食べるようにそそのかされ食べてしまう。そしてアダムにも食べるように勧めた。

神はアダムとエバが禁じられていた知恵の木の実(禁断の果実)を食べたことから、いのちの木の実も食べてしまうことをさけるため、エデンの園から追放した。そして、いのちの木に至る道を守るため、神はエデンの東に天使ケルビム(智天使)ときらめいて回転する炎の剣を置いた。(以上、旧約聖書「創世記」2章、3章の要約)

「歓喜の歌」は「創世記」と、シラーの詩「歓喜の歌」をベースにしたベートーベンによる創作ストーリーである。

神に楽園と分断された現世に住む人々(男たち)が、娘たちのいる「エデンの園(楽園)」を探しに出かけ、エデンの園の門を守るケルブ(天使)と会い、そしてケルブの魔法でエデンの園の門を開き、分断された世界をひとつにして人々が一緒になりたいと願う、人類愛の物語である。


【第4楽章 冒頭部分 ケルブの登場】

ケルブ による「恐怖のファンファーレ」(Schreckensfanfare)がなった後のチェロ、コントラバスによるレチタティーヴォは、ベートーヴェンの独り言。(レチタティーヴォの言葉の内容は正確にはわからないが、ベートーヴェンのスケッチには、似たフレーズに断片的に歌詞が書いてあるものは存在する) 各楽章のテーマが出るたびにベートーヴェンの独り言が入り、とうとう見つけたのが第4楽章の「歓喜の歌」のテーマとなる。 そして、再びケルブによる「恐怖のファンファーレ」が鳴り響き、いよいよ「歓喜の歌」へ。 [解説] 第4楽章冒頭の部分をケルブの登場と解釈する理由は、冒頭部分のファンファーレのトランペットが「天使が神の声を伝えるもの」であること、またレチタティーヴォの部分をベートーヴェン自身と解釈する理由は、ドイツの音楽学者ノッテボーム(Martin Gustav Nottebohm 1817-1882)によるベートーヴェンの難解なスケッチに関する研究の中で、レチタティーヴォのフレーズと似たフレーズのスケッチに歌詞が書いてあることによる。


天使が神の声を伝える楽器はトランペット。その調性はニ長調。「第九」もしかり「メサイア」もしかり。 (音楽之友社 / 曽我大介監修・編 / ベートーヴェン 交響曲 第9番 終楽章 シラーの頌歌”歓喜に寄せて”による合唱 より引用)


【歓喜の歌(An die Freude)】 An die Freude 歓喜の歌

O Freunde, nicht diese Töne! Sondern laßt uns angenehmere anstimmen und freudenvollere. (以上3行はベートーヴェンの作詞) おお、友よ、この響きではない! そうではなくて、喜びに満ちた、 楽しい歌を歌おう。

[解説] 「この響きではない!」とは、ベートーヴェンが書いた第1楽章、第2楽章、第3楽章の苦悩に満ちたフレーズに対してのものではないかと考える。 第4楽章冒頭のレチタティーヴォに関してベートーヴェンの残しているスケッチに対する否定をしている。※スケッチの内容についてはここでは省略。

Freude, schöner Götterfunken, Tochter aus Elysium Wir betreten feuertrunken. Himmlische, dein Heiligtum!


Deine Zauber binden wieder, Was die Mode streng geteilt; Alle Menschen werden Brüder, Wo dein sanfter Flügel weilt.


喜びよ、美しい神の火花(ケルビムとともにある、「きらめいて回転する炎の剣」から出る稲妻のこと)、娘たちのいる楽園(エデンの園)へ、私たちは炎の中に飛び込んで(エデンの園の門にある「きらめいて回転する炎の剣」の中に入り)、天国へ、あなたの聖域へ向かおう。


あなた(ケルブ)の魔法は、かつて神が分断した、楽園と現世を再び結びつける。 そして、あなた(ケルブ)の柔らかな翼が留まるところで(楽園のこと)全ての人々は兄弟となる。

[解説] 「美しき神の火花よ(schöner Götterfunken)」とは何のことか?これは神がエデンの園の東にケルビムとともに置いた「きらめいて回転する炎の剣」を指す。 「娘たちのいる楽園」については、基本的に登場人物がフリーメイソンの男性のため、男性目線で娘たちのいる楽園となっているものと考える。エデンの園の入口を守っているケルビムと、きらめいて回転する炎の剣の中を通って楽園に入る状況を表している。

「あなたの魔法(Deine Zauber)」とは誰の魔法か?これは、神かケルブのどちらかと考えられるが、ケルブであろうと解釈した。 一つには、神に対して「あなた(Deine)」という言葉を使うのだろうかという点である。神をさすなら「あなた」ではなく「神」ということばを使うのではないであろうか。 また次の文章、「あなたの柔らかな翼が留まるところで(Wo dein sanfter Flügel weilt.)」の「あなたの柔らかな翼」が留まっている楽園という部分で、翼を持っているのは天使であるので、「あなた(Deine)」はケルブのことを指すものと解釈している。

参考までにケルブがどのような姿であるのかは、旧約聖書 「エゼキエル書」1章4節〜11節に以下のように記されている。


旧約聖書 「エゼキエル書」1章4節〜11節 4 私がみていると、見よ、激しい風が来たからやってきた。それは大きな雲と、きらめき渡る火を伴い、その周りには輝きがあった。その火の中央からは琥珀のようなきらめきが出ていた。 5 その中に生きもののようなものが四つ現れ、その姿は次のようであった。彼らは人間のような姿をしていたが、 6 それぞれ四つの顔と四つの翼を持っていた。 7 その足はまっすぐで、足の裏は子牛の足の裏のようであり、磨かれた青銅のようにきらめいていた。 8 その翼の下から人間の手が四方に出ていた。また、その四つの生きものの顔と翼は次のようであった。 9 彼らの翼は互いに触れ合っていて、進むときには向きを変えず、それぞれ正面に向かってまっすぐに進んだ。 10 彼らの顔かたちは人間の顔で、四つとも右側には獅子の顔、四つとも左側には牛の顔、さらに四つとも鷲の顔を持っていた。 11 これが彼らの顔であった。彼らの翼は上方に広げられ、それぞれ、二つは互いに触れ合っていて、もう二つはそれぞれのからだをおおっていた。 (旧約聖書 新改訳2017(新改訳聖書センター) 新日本聖書刊行会 より引用)

Wem der große Wurf gelungen, Eines Freundes Freund zu sein, Wer ein holdes Weib errungen, Mische seinen Jubel ein!


Ja, wer auch nur eine Seele Sein nennt auf dem Erdenrund! Und wer's nie gekonnt, der stehle Weinend sich aus diesem Bund!

偉大なことを成し遂げた人、(信念) 親友と呼べる人を見つけた人、(友情) 愛する妻を見つけた人、(愛情) 歓喜の声を合わせよう!(3つ全てはどれも等しく共通の喜びだ)


そう、この地球上で(自分の)魂はたった一つしかない。 そして、それ(上記の3つの喜び)ができないものは、この輪から泣いて立ち去れ。



[解説] この一節は、人としてあるべき理想の姿を示している。

Freude trinken alle Wesen An den Brüsten der Natur; Alle Guten, alle Bösen Folgen ihrer Rosenspur.

Küsse gab sie uns und Reben, Einen Freund, geprüft im Tod; Wollust ward dem Wurm gegeben, und der Cherub steht vor Gott.

全ての存在は自然の乳房から喜びを飲む。(この世に存在する全ては神の作ったこの自然の中で生きている) 全ての善人も、全ての悪人も、茨の道を歩むこととなった。

(神は)キスとぶどうの木を与えた、一人の友(イブ)を与えた、死(死ぬということ)の試練を与えた。欲は虫けらにも与えられた。そして、(楽園に戻ってこられないように)智天使ケルブを神の前に立たせたのだ。

[解説] この段落は、創世記第3章、いわゆる失楽園の経緯を表している。 「全ての善人も、全ての悪人も、茨の道を歩むこととなった。」この「茨の道」というのは、ヘビにそそのかされたアダムとエバが神から食べてはならないと言われていた「知識の木」から実を食べてしまったことから、起こってしまった試練の一つ。

旧約聖書「創世記」3章18節〜19節 18 大地は、あなたに対して茨とあざみを生えさせ、あなたは野の草を食べる。 19 あなたは、顔に汗を流して糧を得、ついにはその大地に帰る。あなたはそこから取られたのだから。 あなたは土のちりだから、 土のちりに帰るのだ。」 (旧約聖書 新改訳2017(新改訳聖書センター) 新日本聖書刊行会 より引用)

次に、「(神は)キスとぶどうの木を与えた、一人の友(イブ)を与えた、」の部分について、この段落は、あくまで自分の想像でしかないことをあらかじめ記しておきたいと思うが、「キス」とは、アダムとエバが知恵の木の実を食べてしまったことにより、男女を意識するようになったことを指し、「ぶどうの木」とは、神の作った「食べるに良いすべての木」(旧約聖書「創世記」2章9節)のことを指し、「一人の友を与えた」という部分については、一人であったアダムに対し、神が造り上げたエバのこと(旧約聖書「創世記」2章21節〜25節を参照)をシラーが比喩的な表現で表したのではないかと考える。エバを友とするのは、元々神はアダムに、ふさわしい助け手を与えることを目的にエバを造ったため。 「死(死ぬということ)の試練を与えた。」とは、「知識の木」から実を食べてしまったために死ぬことになってしまったことを指し(上記引用文、旧約聖書「創世記」3章19節を参照)、「欲は虫けらにも与えられた。」とは、エバをそそのかした蛇のことを指すのではないかと考える。(「Wurm」はドイツ語で「虫けら」という意味だが、羽や足の無い虫のことを指す)しかし、さすがにこの文章の意味を蛇に結びつけるのは強引であり、いまだ自分の中では解けない謎になっている。 「そして、(楽園に戻ってこられないように)智天使ケルブを神の前に立たせたのだ。」この文はまさに、「24 こうして神は人を追放し、いのちの木への道を守るために、ケルビムと輪を描いて回る炎の剣をエデンの園の東に置かれた。」(旧約聖書「創世記」3章24節)という部分のことであろう。

この段落は実に解釈が難しいが、人々が現在にいたる、「失楽園」についての経緯を表しているものと考える。

ここまでの文章で第九の歌詞は一区切りとなる。 内容を今一度振り返ってみよう。 ここまでは、旧約聖書の創世記に出てくる、エデンの園(楽園)が舞台となっており、現世にいる人々(男たち)は娘たちのいる楽園(エデンの園)にいくことを願い、その門番をしている智天使ケルブに、あなたの魔法で扉を開けて現世と楽園を一つにして欲しいと願っている場面であろう。

ここで、音楽が一度区切れ、話は次のステップへ移ります。 ここまでは想像や願望を心に秘めていましたが、ストーリーはいよいよ、楽園を目指す旅に出るシーンへと移っていきます。

後編に続く

14回の閲覧

© 2015 Nobuki Okumura Conductor official website. All Right Reserved